リフィル処方箋の導入について

今後の社会システムにリフィル処方箋を

リフィル処方箋おさらいしよう、リフィル処方箋

私を含め高齢者や超高齢社会で、急増している処方箋のニーズに応えることは難しいこともあります。
薬剤師や医師などが素早く連携して、薬物治療を支えていくにはこのシステムの導入は必須になってきます。
正確な調剤や患者の経過観察なども踏まえて、前回処方しているものなどの評価ができれば質の高い薬物療法のシステムにもなります。
シンプルに1度処方してもらったものを繰り返し使えるだけでは、副作用や過度な作用を引き起こしてしまった時に問題になってしまいます。
毎回同じ薬剤で良いかどうか、変更が必要になるかを判断する薬剤師の能力や責任があることが前提になってきます。
長期間の投薬が必要な場合は、リフィル処方箋は再度診察を受ける手間も省けますし、医療費軽減にもつながります。
服薬ケアについても信頼できる薬剤師に任せることができ、かかりつけ薬局として新しいシステムになります。
服薬の状況や現在の症状の変化や、副作用が出ていないかを的確にフォローしていくことでさらにリフィル処方箋を利用する可能性があります。
医療機関へ行かずに薬を常に処方してもらえる環境は、今の社会システムにもあっています。

リフィル処方箋はすごく便利薬だけもらう人にはリフィル処方箋が必要今後の社会システムにリフィル処方箋を